Vラインの黒ずみはクリームでケア

Vライン 黒ずみ クリーム女性

プールに温泉にお泊り、実はVラインって結構人前にさらす機会多いですよね。ムダ毛に気を取られ自己処理を繰り返してたら、いつの間にか黒ずみに…なんて経験ありませんか?

 

それでも夏が過ぎればVラインを気にしなくなり、次の夏が来るまでそのまま。そしていざという時にケアしてなくて後悔…

 

そんなことになる前に、自宅でケアを始めてみましょう!

 

クリニックで見せるのが恥ずかしいという人こそホームケアは大切。Vラインの黒ずみは処方薬でなくても、市販のクリームでケアできますよ!

 

Vラインの黒ずみに効果的なクリーム選び方

Vライン 黒ずみ クリーム 看護師

Vラインや脇などの『デリケートゾーン』は、ムダ毛処理の刺激と下着の締め付けで黒住しやすい部分。だからと言ってムダ毛を剃らないわけにいかないし、下着を穿かないわけにもいきませんよね。

 

重要なのはムダ毛処理の後のケア!Vラインは他の箇所と違い皮膚が薄いので、特に気を遣ってケアしてあげましょう。Vライン用のクリームを選ぶポイントは3点。

 

保湿力があるか?

 

ムダ毛処理をした後はVラインが非常にデリケートになっています。そのままにしておくと皮膚は直接ダメージを受け、メラノサイトが沈着して黒ずみとなってしまいます。Vラインを保護するためには潤いが必須!

 

美白成分が入っているか?

 

潤いだけでは黒ずみは消えてくれません。沈着してしまったメラノサイトに働きかけるには美白成分が配合されているものを選びましょう。安全性の高いトラネキサム酸が使われているクリームがおすすめです!

 

塗ったときに刺激がないか?

 

Vラインという場所が場所だけに、塗るものについては低刺激なものを選びましょう。いくら美白成分が強いものであっても、お肌のダメージとなってしまっては逆効果。自然なターンオーバーを引き出せるものを選びましょう!
Vライン黒ずみクリームランキング

おすすめのVライン黒ずみ用クリームは?

 

Vライン 黒ずみ クリーム ホスピピュア

ホスピピュアの特徴

湘南美容外科クリニックが作り出した薬用美白クリーム。有効成分トラネキサム酸が、メラニンが作られ始める一番初期をブロック。

刺激を極力抑えた5つの無添加処方。くすんだVラインもこっそりホームケアできます

おススメ度 評価5
ポイント 90日間返金保証
ホスピピュアの総評

美容外科が作った医薬部外品のクリーム。メラニンの色素沈着を抑え、こだわりの美養成分がVIOラインを白く美しく仕上げます

Vラインだけでなく、乳首やワキなどのデリケートな部位にも使うことができる万能クリーム(*^^*)

 

Vライン 黒ずみ 市販クリーム イビサクリーム

イビサクリームの特徴

デリケートゾーン全般に使えるメディア大注目のクリーム。芸能人にも愛用者がいるということで話題になりました。

保湿・メラニン抑制に優れているほか、敏感肌にも嬉しい刺激フリーな5つの無添加。やさしく美しいVラインを取り戻します

おススメ度 評価4.5
ポイント 28日間返金保証
イビサクリームの総評

美白・トラネキサム酸と、肌荒れ防止・グリチルリチン酸2Kという2つの薬用成分配合したクリーム。メラニンの生成を抑えつつ、Vラインのターンオーバーを正常に整えて黒ずみケア

サクラ・カモミラ・ダイズ・オウゴンの4つの天然エキスがメラミン生成をストップするので新しい黒ずみもできにくい

 

Vライン 黒ずみ クリーム ハーバルラビット

ハーバルラビットの特徴

小悪魔ageha・姉agehaモデルが愛用する注目のVラインケア用クリーム。可愛いデザインも◎

毎月先着500名限定・最大40%OFFキャンペーン実施中。さらにクレジットカード払いなら初回500円引き

おススメ度 評価4
ポイント 60日間返金保証
ハーバルラビットの総評

商品パッケージはうさぎのデザイン。パッと見てVラインに使うクリームとはわからないのでお泊りに持ち歩いてもOK

厚生労働省から許可を得ている医薬部外品。刺激が少ないのでデリケートな部分に使っても安心

 

Vライン 黒ずみ 市販クリーム ヴィエルホワイト

ヴィエルホワイトの特徴

Vラインをはじめとしたビキニライン専用美白エッセンス。3種類の美白成分と11種類の天然成分で黒ずみをやさしくケア。

安心の120日間返金保証は業界最長。お肌に合わない・効果が実感できない場合も対応してくれるので安心度抜群

おススメ度 評価3.5
ポイント 120日間返金保証
ヴィエルホワイトの総評

皮膚が薄くダメージを受けやすいVラインのケアに開発された美白エッセンス。トラネキサム酸やヒアルロン酸が豊富で、脱毛後〜黒ずみケアまで幅広くカバー

リポソーム化された天然エキスがVラインをやさしく保護し、成分の浸透を助けます

 

Vライン用黒ずみクリームの効果的な使い方

Vライン用黒ずみクリーム 市販の効果的

Vライン用のクリームは多くのものが低刺激に作られています。粘膜に近い箇所になるので、専用のものであるほど成分には神経が注がれています。かといって適当な使い方をしてしまっては上手く効果を発揮できません!

 

Vラインへの効果を最大限発揮するために、クリームの正しい使い方を確認しておきましょう。

 

1.使う回数とタイミング

 

Vラインの黒ずみ用クリーム 市販のタイミング

使うのは基本的に朝晩の1日2回。朝はお出かけ前の身支度のとき、夜はバスタイムの後が効果的です。特に入浴後の肌は想像している以上に乾燥しているので、早めに保湿ケアを行いましょう。

 

お風呂場でVラインの処理をすることもあると思います。その際はお風呂から出たらなるべく早めにクリームを塗ってあげてください。カミソリを当てた後の肌は非常にデリケートですから早めに保護してあげましょうね。

2.塗り方に気を付けよう

 

Vラインの黒ずみ用クリーム 市販の塗り方

Vライン用の黒ずみクリームは、たくさん塗ると下着の中でムレてしまうことがあります。塗る量は少しずつ加減して、塗って少し乾かしてから下着を着用すると気にならないで過ごすことができますよ。

 

また、粘膜部分に付くといくら低刺激といってもピリピリと刺激を感じます。たくさんクリームを使うと粘膜に入る可能性も増えてしまいますので、やはり適量を守って使うのが良いでしょう!

どれくらい使うの?

 

Vライン用黒ずみクリーム 市販の期間

Vラインの黒ずみは、お肌のターンオーバー(生まれ変わり)を繰り返すことによって薄くなります。このターンオーバーのサイクルは約28日間と言われ、このサイクルを何回か経ることで黒ずみは徐々に改善します。

 

体質や黒ずみの度合いにもよりますが、2〜3ヶ月ほど継続して使用すると効果が出ると言われています。気の長い話に感じるかと思いますが、しっかりと原因を取り除いていけば美しいVラインが手に入ります。継続は力なり!

 

▼当サイトおすすめNo.1クリーム▼

Vライン 黒ずみ クリーム ホスピピュア

 

そもそもVラインが黒ずむ原因は?

Vライン 黒ずみ 原因剃刀

一番多い原因は間違ったムダ毛処理。Vラインのムダ毛を自己流で剃刀で剃ってしまうとお肌が刺激を受けて、色素沈着を引き起こし黒ずみが発生します。さらに角質層も厚くなってしまうので、より目立ってしまうことがあります。

 

しかし剃刀が良くないからといって、ピンセットや脱毛ワックスを使って無理に引き抜こうとするのも良くありません。雑菌が毛穴に浸入し、炎症を引き起こしてしまうことも。黒ずまなくても、別の感染症などを引き起こしてしまう可能性があります。

 

Vラインの自己処理は、黒ずみだけでなく様々なリスクが潜んでいます。とはいえ毎回脱毛サロンを利用するわけにもいきませんから、保湿やムダ毛の長さの調節といった処理の前後のケアが非常に大切になってきます。

 

▼関連ページ▼

Vライン 黒ずみにしない事故処理の方法

下着選びはVラインケアのポイント

次に挙げられる原因は下着の締め付け。サイズが合っていない小さい下着を身に着けていて、それを脱いだり穿いたりする動作を繰り返すことによって起こります。

 

Vラインの肌の部分が締め付けられ、その刺激によって黒ずみの原因となるメラノサイトが活性化してしまいます。また下着の締め付けによる刺激は角質層を厚くする防御反応も示してしまうので、なおのこと目立ってしまいます。

 

小さくタイトなデザインは避けよう

Vライン 黒ずみ クリーム 下着

下着はサイズが大きいと野暮ったい印象になりセクシーさに欠けますが、毎日勝負下着を身に着けるわけにはいきません。ジャストサイズより少しだけゆったりとした下着を身に付けましょう。普段はなるべくVラインに沿わないデザインのショーツで過ごします。

 

またタイトすぎるジーンズもVラインを締め付けます。おしゃれと黒ずみケアの両立は難しいですが、自宅ではなるべくゆったりした部屋着で過ごしましょう。

 

素材は肌にやさしいものを

Vライン 黒ずみ 原因下着

比較的お肌に刺激が少ないコットン(綿)素材のものや、滑らかな肌触りのシルクの素材のものを優先的に選ぶようにします。これらは伸縮性や通気性も優れているので黒ずみになりにくい素材と言えます。

 

ポリエステルなどの化学繊維は肌への刺激が強いものが多く、伸縮性もよくないので黒ずみの原因になります。

 

Vラインがこれ以上黒ずむのを防ぐには、

 

・サイズが合った締め付けない形の下着を選ぶこと

 

・お肌に優しい綿や絹の素材のものを選ぶこと

 

 

下着だけでなく、洋服も下半身を締め付けない格好を心がけましょう!

 

処理後のかゆみに任せてかきむしると…

脱毛器や脱毛エステを行うと、これまで毛があった場所にショーツが直接当たるのでムズムズとかゆみを感じます。またシェービングをするとチクチクとした感覚が残り、そこからかゆみを感じたことはないでしょうか。

 

ムダ毛処理にはその部位の肌に刺激やダメージを与えるもの。そのため施術後しばらくは肌がデリケートな状態が続きます。中には火照ったように熱を持ったり、かゆい状態が続くこともあるでしょう。

 

しかし、かゆいからといって?きむしると肌は非常に強い刺激を感じ、ダメージを防ごうとメラニン色素が分泌されます。当然、黒ずみが進行してしまうリスクが生じることになります。

 

そのような事態を被らないためにも、Vラインがかゆい時には決して?きむしることなく、

 

・医師の診察を受ける

 

・乾燥を抑える保湿剤や軟膏を使う

 

 

などで症状の沈静化に努めることが大切です。

 

▼関連ページ▼

Vライン 黒ずみ かゆい

女性ならではのホルモンバランスの崩れも

Vライン 黒ずみ クリーム ホルモンバランス

ホルモンバランスが安定しない間は普段よりも肌が敏感な状態になっています。そのため何気ないことでも肌がダメージを受けることがあり、それが黒ずみの原因になることも。

 

特に女性は生理期間前になると、通常よりもホルモンバランスが崩れやすくなってしまいます。ほかにも、

 

・睡眠不足

 

成長ホルモンが分泌されず、そのせいでホルモンのバランスが崩れてしまいます。肌の再生力も落ちます。

 

・ストレスを溜める

 

自律神経が乱れ、体に変調をきたします。さらに暴飲暴食や睡眠不足も誘発して負のスパイラルに。

 

・偏食

 

女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンや、女性ホルモン分泌を促すビタミンB6、Eが不足します。

 

・運動不足

 

自律神経が働きにくくなります。そのためホルモンのバランスが乱れがちに。

 

このように、日常の些細な事からホルモンバランスの乱れは起こります。いつもと同じように過ごしているつもりでもVラインに黒ずみが増えた…と感じたら、クリームでケアしつつ生活習慣の見直しもしてみましょう。まずは早く寝ることから!

 

ムダ毛処理は必要最小限にとどめよう

Vラインの黒ずみケアには美白と保湿に優れたクリームが効果的です。しかし一番の対策は原因となる刺激を減らすこと。剃刀や脱毛といったムダ毛処理は、Vラインとって非常に強い負担となってしまいます。

 

頻繁にやるのは避け、必要であれば医療脱毛を利用するとムダ毛処理の回数自体を減らすことが可能です。

 

また冬の期間はお休み中と割り切って、ムダ毛処理の回数を減らすだけでもかなり負担は軽くなります。

 

Vライン 黒ずみ クリームで解消

 

自分に合った方法でVラインの黒ずみを改善しましょう!

 

 

▼当サイトおすすめNo.1クリーム▼

Vライン 黒ずみ クリーム ホスピピュア


inserted by FC2 system